ご利用ガイド
guide女医イメージ


ご注文商品が、税関で差し止められた場合

まれに税関にて、ご注文商品が差し止められ荷物を受け取れないことがございます。この場合、あくまでも商品は、お客様の物であり、当社は個人輸入の手続き代行のため、個人輸入の購入サポートしかできません。商品を受け取るにはお客様のご協力が必要となり、また、関税の掛かるケースもございますので予めご了承ください。なお、税関で差し止められた場合、当社ではデータが税関より情報を入手することが困難な場合がございますので合わせてご了承ください。

税関で差し止められるケース(全部ではなく抜き打ち検査)

(1)15,000円以上の商品を購入(原則として関税や消費税など13〜15%を払えば問題ありません)
(2)郵便局留めなどの場合(個人輸入なので、原則として居住地が送り先となります)
(3)男性商品なのに女性の名前で購入など(この逆、男女解りにくいお名前など)
(4)2ヶ月分以上の購入(錠数によっては2ヶ月以上とみなされる場合があります)
(5)輸入禁止薬物の指定(通関中に禁止薬物・成分などに指定後間もない場合)
(6)その他のケース

税関で差し止められるケース(全部ではなく抜き打ち検査)

日本国に商品が到着した際には、全検査ではなく税関で抜き打ち検査で商品を調べております。個人輸入の場合、15,000円以上の商品を購入しますと原則として関税や消費税など13〜15%となっております。関税が必要なものに関しましては、原則として郵便局より課税を告げられますので、配達員に税金をお支払いください。

差し止められた際のキャンセル・返金について

当社は、個人輸入代行業者になりますので、差し止められた商品のキャンセル・返金につきましては、当社のサービスをご理解いただき同意の上でご注文頂きご購入頂いたものとしておりますので、キャンセル・返金に関しましては、ご対応しかねますので予めご了承ください。

差し止められた商品の対応について

税関で差し止められた商品に関しまして下記の方法でご対応ください。

関税が掛かる場合

関税が必要なものに関しましては、原則として郵便局より課税を告げられますので、配達員に税金をお支払いください。そのまま、ご注文商品を受け取る事が出来ます。

商品の個人輸入ができない場合

当社で個人輸入代行している商品は、原則として個人輸入できる商品を取り扱っております。もし、商品が個人輸入できないと薬事監督事務所より案内通知が届いた場合、記載されている連絡先にお電話頂き理由をお伺い頂き、薬事監督事務所には、受け取り保留とお伝えください。その後、お手数でも、当社にご連絡いただき、薬事監督事務所の連絡先と今回差し止めになった理由をお伝えください。商品に問題ない場合には、再度同商品を無償にて再送いたします。その後、お手数でも薬事監督事務所に商品の「受け取り拒否」をして返送の手続きをお願いいたします。その際に、返送許諾などの書類を求められることがあります。返送のための費用は、お客様には掛かりませんのでご安心ください。

※ご注意
 ・上記の対応は、「商品の個人輸入ができない場合」のみに適用されますので、それ以外の理由での再送はお受けいたしませんので予めご了承くださいませ。
 ・通関保留の理由がない場合は再送いたしませんので予めご了承ください。

再度、商品が差し止められる場合

誠に申し訳ございませんが、同じ手続きを再度行なっていただきますので予めご了承くださいませ。